どうして安いのか、その種類について探ってみる

MENU

ネットからの利用が便利

広告

メリットは価格だけではない

大量にチラシ印刷するにはいくつかの方法があります。まずは地元の印刷会社に頼んで行う方法です。依頼者には営業の担当者が付き、チラシのデザイン面などを細かく打ち合わせしていきます。昔からあるポピュラーな方法といえるでしょう。自分でコピーする方法もあります。紙を補給しながらコピー機でひたすらコピーしていきます。少数印刷ならいいですが、枚数が多ければインクの消費量が上がりコストもかかります。コピー機によっては鮮明な色が出にくいかもしれません。最近利用者が増えているのはインターネットを活用したチラシ印刷です。こちらでは担当者がつかず、やり取りをネット上やメールで行います。チラシの原稿は自分で作る必要はありますが、その分格安な料金で作れます。従来よりも格安になる理由はコスト面のカットです。担当者がつかないということは人件費がかかりません。これは店舗に関しても同様です。また、自前の印刷機は持っていません。チラシ印刷に必要な印刷機は導入に多大な費用が掛かります。導入後も維持費がかかってくるので、企業が導入するには莫大なお金が必要となります。ですので印刷機は大手印刷会社の物を使っているのです。品質に優れており、一度に大量のチラシ印刷が可能です。そのため、格安な価格でありながら品質の高いチラシが作成できます。品質面に不安がある方も利用して損はないでしょう。データは24時間送れるので納品も素早く行ってくれます。チラシを格安で作りたい方、急いでいる方はぜひ利用してみてください。